相鉄線「二俣川駅」南口すぐ
初めての方、まずはお電話下さい
045-367-1177

睡眠障害(不眠症)

睡眠障害とは

睡眠障害

睡眠障害とは、睡眠に何かしらの問題がある状態を言います。例えば、睡眠時間を十分にとっていたとしても、当人が安眠できないと訴えれば睡眠障害となります。なお一口に睡眠障害と言いましても、不眠症、過眠症(十分に睡眠をとっているつもりでも日中に強い眠気が生じる。この場合、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が考えられる)、周期性四肢運動障害(睡眠中に足や手(四肢)が本人の意思とは関係なく、周期的に反復してしまう異常運動。そのことで、何度も目が覚め、熟睡が乏しくなる)、ムズムズ足症候群(安静状態になると脚がムズムズ・ピリピリするなどし、不快感が生じる。夕方から夜間にかけて症状が起きやすい)などがあります。

不眠症とは

睡眠障害の中でも最も多くの患者様がいるとされているのが不眠症ですが、これはメラトニン(夜になると分泌する睡眠を深くするホルモン)が関係しているのではないかと言われています。単に寝つきが悪いだけと何もせずに放置が続けば、生活習慣病やうつ病を発症するリスクが高くなりますので、睡眠に何らかの問題がある、日中の眠気が長く続いているという場合は、一度当院をご受診ください。なお、不眠症は主に4つのタイプに分類されます。

入眠障害
不眠症の中で最も患者数が多いタイプです。心配事やストレスなどによって寝つきが悪く(30分~1時間以上)、眠りにつくことができないという状態です。ただ、一度寝つくと朝まで眠れることが大半です。
中途覚醒
寝つきは良いのですが、一度トイレに行きたくなるなどして目覚めてしまうと、なかなか眠りにつけなくなります。そのため、熟睡感は得られにくくなります。
熟眠障害
睡眠時間は十分にとっているものの眠りが常に浅いため、熟睡感が得られていない状態です。同タイプは、高齢者や神経質な性格の方が多いです。
早朝覚醒
すぐに眠りにつけるので寝つきは良いです。ただ早朝に目覚めてしまうと、そのまま眠れなくなってしまいます。このタイプは、うつ病患者様や高齢者に多く見受けられます。

治療に関して

不眠症の治療は、すぐに薬物療法とするのではなく、日常生活を見直し、原因と考えられる生活習慣を改善することから始まります。できることをした後に、睡眠薬、抗うつ薬、抗不安薬などの薬物療法を導入していきます。当然ですが、不眠の原因が、睡眠時無呼吸症候群(SAS)や周期性四肢運動障害などはっきり判明されれば、その治療を優先していきます。

なお、寝つきが悪い、熟睡感が得られないという状態が長期間続いている場合は市販の睡眠薬で解決はせず、その原因をしっかり突き止めることが必要です。一度当院をご受診ください。

Summaryみんなのメンタルクリニック
二俣川

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川2丁目58-1
TU駅前ビル4F
最寄駅
相鉄線「二俣川駅」南口すぐ
バス路線のご利用も便利です。
TEL
初めての方、まずはお電話下さい045-367-1177
休診日火曜・日曜・祝日
:13:00まで
※第3金曜日は午後休診
診療時間 日祝
09:00‐12:00
13:00 - 17:00