相鉄線「二俣川駅」南口すぐ
初めての方、まずはお電話下さい
045-367-1177

躁うつ病

躁うつ病とは

躁うつ病

全く正反対な2つの心理状態(躁とうつ)が交互に繰り返されている状態を躁うつ病と言います。ちなみに躁とは、気分が著しく高揚している状態で、うつとは意欲が低下し、憂うつになっている状態を言います。

躁状態を詳しく説明すると、上機嫌で饒舌、患者様ご自身の頭の中では次々にアイデアが浮かんでくるので、落ち着かない様子がみられるようになります。ただ病気の自覚が本人にはありませんので、自らの思考や行動が異常とは思っていません。また、躁うつ病でみられるうつ状態については、うつ病で現れる症状と同様です。なお、発症の原因はうつ病と同様、脳内で働くセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった脳内伝達物質が関係すると言われています。

前述にもあったように躁うつ病は躁とうつの二つの両極端の症状が繰り返されるわけです。この躁とうつを交互に繰り返す症状は、3~6ヵ月程度続き、また発症年齢が若年層であればあるほど、躁うつ状態の期間は短くなりますが、再発するリスクは高いと言われています。

なお躁うつ病は、双極性Ⅰ型障害と双極性Ⅱ型障害に分類されますが、その違いは躁状態の程度です。双極性Ⅰ型障害は周期的に躁とうつ症状を繰り返すのに比べ、双極性Ⅱ型障害は躁症状の期間が短くて軽く、これとうつ症状の繰り返しになります。Ⅰ型の場合は躁状態がはっきり出て、その期間は1週間以上続くようになるほか、社会的な障害を招くようになります。なおⅡ型の場合は躁状態が比較的軽く(躁状態の期間は4日ほど)、社会的な障害が見られることは、ほとんどありません。

治療について

うつ病と同じく薬物治療と精神療法が行われます。なお薬物療法で使用されるお薬は気分安定薬です。これは、気分が大きく上下に乱れた状態を安定させる効果が期待できることから、躁状態でもうつ状態でも有効です。なお、うつの状態が現れている場合でも原則的には抗うつ薬は使用しません。抗うつ薬を使用することでより病状が不安定になることがあるからです。
他の疾患に比べて病気の自覚に乏しいことがあります。そのため病気を知ってもらい、正しく、適切な服薬をしてもらうために疾病教育、心理教育も大切です。

Summaryみんなのメンタルクリニック
二俣川

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川2丁目58-1
TU駅前ビル4F
最寄駅
相鉄線「二俣川駅」南口すぐ
バス路線のご利用も便利です。
TEL
初めての方、まずはお電話下さい045-367-1177
休診日火曜・日曜・祝日
:13:00まで
※第3金曜日は午後休診
診療時間 日祝
09:00‐12:00
13:00 - 17:00