相鉄線「二俣川駅」南口すぐ
初めての方、まずはお電話下さい
045-367-1177

摂食障害

摂食障害とは

摂食障害

摂食障害は、拒食症と過食症に大きく分けられます。以前は若い女性によく見受けられる症状と言われてきましたが、最近は男性や高齢者の方にもみられるようになったと言われています。なお、医学的に拒食症は「神経性食思不振症」、過食症は「神経性大食症」と呼ばれています。

この傷害は、うつ病の既往歴のある方、ご家族に摂食障害を起こしたことのある方、不安障害の方、自分に自信を持てない方、体重や体型について間違った思い込みのある方、家庭環境に問題のある方に発症しやすいと言われています。

なお、拒食症と過食症は全く正反対な症状と思われるかもしれませんが、どちらにもみられる症状というのがあります。それは、むちゃ食いをする、嘔吐(無理やり吐く)、下剤を使う、どれだけ細身であっても自分は太っていると感じているボディイメージの障害などです。このように共通した症状があることから、拒食から過食へ、またその逆に変化するということも珍しくありません。

ちなみに拒食症は上記のように過食症状の後に無理やり吐いたり、下剤などを使用して体重を増えないようにする過食/排出型の方もいれば、過食の症状がみられない摂食制限型の方もいます。なお、体重が落ちている、月経止まっているなどの症状があると拒食症と判断されます。一方の過食症は、過食症状があって太り気味あるいは体重が正常範囲内にあるという場合に診断されます。この過食症はダイエットの反動からくるケースもよくみられます。そのため、食べた後に嘔吐や下剤などによって体重をできるだけ減らそうと排出行動をすることもあれば、そういうことはせずに体重が増え、肥満になっているということもあります。またダイエット中なのに過食がやめられないことで自己嫌悪に陥り、抑うつ状態がみられることもあります。

治療について

摂食障害は、心身両面から治療していきます。栄養が不足している場合は、入院をして摂取していきます。心の治療に関しては、支持的精神療法、認知療法などを行い、自己肯定感を育て、体型に関する歪んだ認知(ボディイメージ)を矯正していくようにします。
その他、行動療法、家族療法などの精神療法も効果的です。また、2次的にうつ病や強迫性障害の症状がみられる場合は、その治療も行っていきます。

Summaryみんなのメンタルクリニック
二俣川

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川2丁目58-1
TU駅前ビル4F
最寄駅
相鉄線「二俣川駅」南口すぐ
バス路線のご利用も便利です。
TEL
初めての方、まずはお電話下さい045-367-1177
休診日火曜・日曜・祝日
:13:00まで
※第3金曜日は午後休診
診療時間 日祝
09:00‐12:00
13:00 - 17:00